無理なくお得は骨盤矯正で、女性に人気おうせ整骨院

夜19時00まで施術で、お仕事帰りに多数ご来店いただいています。

ホームページを見たとお伝えください 0942-38-5340 受付時間 月~金 午前 8:00~12:00 午後 15:00~22:00 ※木曜は午後18時まで 土 午前 8:00~12:00
夜10時までの受付で、働くあなたをサポート!
  • 交通事故に遭われた方はコチラをクリック
  • 骨盤の気になる方はコチラをクリック
  • 小さなお子様のいらっしゃる方はこちら

院長ブログ

2013年7月4日 木曜日

ベストセラー作家

最近テレビに良く出るベストセラー作家と言えば

百田尚樹ですね。売れに売れてるみたいです。

永遠のゼロ」や「海賊と呼ばれた男」を書いた人です。

彼は囲碁にも造詣が深く、アマ5段らしいです。

また、息子に江戸時代の本因坊の名前を付けています。

そして、その息子をプロの囲碁棋士にさせるべく

日本棋院の院生にならせていました。

プロにはならなかったけど大学の囲碁界では

少し有名だったみたいです

永遠のゼロは読みました。内容はやはり泣きそうな内容です。

ゼロ戦の飛行機乗りの話です。

主人公が囲碁を打つ場面があります。

別の小説で読んだのですが、特攻の飛行機乗りの中には

囲碁がとても強い人がいた。特攻の前の晩に整備兵と囲碁を打っていた。

夜中まで囲碁を打つ碁盤の音が響いたという話は読んだことがあります。

同じ文献から作った小説なのでしょう。

子供の頃、兄の部屋で読んだ本宮ひろしの

ゼロの白鷹」にも似てました。どちらも感動的な話です。

私はいつか百田さんが囲碁を題材にした小説を

書いてくれないかなと期待してました。

子供をプロ囲碁棋士にしたいと思う人なら、

囲碁の小説を書きたいと思うはずだと

もし、それが現実になったら、奇跡の漫画「ヒカルの碁

のようになるのではないでしょうか

百田さんも今日本における囲碁の危機的状況を知っているはずです。

この間、雑誌の取材で百田さんが囲碁を題材にした小説の構想を練っている、

と言ってました。耳を疑いました。チャンスです。

早く書いてほしいです、そして、売れてたくさんの人に読んでほしいです。

囲碁の未来が明るくなりますように、、、。

投稿者 おうせ整骨院

カテゴリ一覧

交通事故の施術・相談はおうせ整骨院まで!0942-38-5340 受付時間 月~金 8:00~12:00 / 15:00~22:00 ※木曜は午後18時まで 土 8:00~12:00

お問い合わせはお気軽に

ページの先頭へ